院内設備のご案内

【セルタックα】(全自動血球計算器)

セルタック 全自動血球計算器白血球や赤血球、そして血小板などの
血液細胞の数を測定する機械です。
犬と猫では細胞の大きさが違うのですが、
それぞれを正しく測定してくれます。

【FUJI DRI-CHEM 4000V】(血液生化学分析装置)

ドライケム 生化学検査

血液生化学検査のための機械です。
肝臓・腎臓・血糖値・中性脂肪やコレステロール、
電解質 等々、
様々な項目を測定することができます。
炎症の指標となる犬CRP測定にも対応しています。

 

 

コニカ REGIUS ΣⅡ (CR:デジタルレントゲン読取装置)

デジタルレントゲン CR装置

レントゲン検査では撮影した画像は即座に
診察室のPCに送られますので
お待たせすることがありません。

過去の画像もその場で呼び出せますので
診察室のPCで画像を比較しながら説明することができます。

また従来のアナログ方式と違って現像液などの
廃液が出ませんので環境にも優しい装置です。

LOGIQ V5 Expert (超音波診断装置:エコー)

エコー 超音波診断装置腹部臓器の画像診断と心機能を検査するための
カラードップラー対応の超音波診断装置です。
検査の際に被毛を濡らしてゼリーを塗る必要が
ありますが、痛くない検査なのでご安心を。

腹部・心臓ともにとても情報量の多い検査です。

腫瘍診断の際にエコー画像のガイド下で
腹部臓器の病変の細胞診(針を刺して細胞を確認する検査)
を行うこともあり、非常に大事な検査ツールです。

顕微鏡

顕微鏡 細胞診 病理糞便検査や尿検査、皮膚検査など、動物病院では
欠かせない検査機材の一つです。

腫瘍診断の際には採取した細胞をその場ですぐ
顕微鏡で確認することで迅速な診断が可能となります。

顕微鏡にはタブレットが付いており
飼い主さんに実際に画像をお見せすることができます。
また顕微鏡の画像をデジタルデータとして
保存することも可能です。

 

ICU(集中治療室)

IUC 集中治療室

重症患者のための集中治療室です。

室温、湿度、酸素濃度をコントロールする
ことができます。
内部のコンピュータには、いつ、何が行われたか
処置の内容と時間が記録できるようになっており、
重症患者に対してきめ細かなモニタリングと
対応が可能です。

 

 

SonoSurg(ソノサージ)【超音波手術システム】

ソノサージ 血管シーリング装置

超音波振動による熱で周辺組織を出血しないように
凝固させながら組織、血管等の切開を行います。
優れた凝固切開能力で確実かつ効率的な手術を行なえます。

動物病院で多く実施される去勢手術や避妊手術においても
大幅な時間の短縮ができるだけでなく、
体内に縫合糸を残すことなく手術を行うことが可能になりました。

入院室ウェブカメラ

入院室ウェブカメラ 入院室ウェブカメラ暗視
入院室用の監視カメラです。
病院スタッフが外出先でもPCやスマートフォン等を使用して
いつでも入院室の全室が確認できるようになっています。
夜間など照明を暗くしている状態では自動的に暗視カメラに
切り替わりますので、24時間体制とまではいきませんが
ペットを病院に預けている飼い主様のご心配を少しでも解消できればと思います。