ペットにも高齢化の時代が来つつあると言われています。
ヒトもペットも高齢化とともに問題となるのは日々の健康についてですが、
犬と猫では、我々人間と比べて虫歯は少ないものの、歯周病は極めて多くみられます。

歯周病が原因の口臭で、飼い主さんとペットの距離ができてしまうのは
どちらにとっても不幸なことです。
そして歯周病は歯の問題だけにとどまらず、心臓や腎臓の病気の悪化をまねいたり、
なかなか治らないくしゃみや鼻汁の原因となっているケースも沢山あります。

歯科検診をどうぞ

口臭を含め、ペットの歯の問題に悩んでおられる飼い主様は非常に多い反面
なかなか病院に相談にいくまでに至っていない、という方が多いと思います。

食事をして噛む、という行為は毎日、毎食だれもが行います。
そのたびにペットが痛い思いをしていると考えるだけでも心が痛みます。

歯石が気になる・口臭がする・口が痛くて食事が食べにくそう・顔が腫れた
こんな症状は歯周病かも知れません。

気になったら当院へご相談ください。
歯の処置が必要なのか?これからどうすればいいいのか?
一度お口の中を拝見してからアドバイス致します。

歯科処置 前歯科処置 後
歯科処置前                歯科処置後

歯石が付着して歯周病がある程度進んでおり、口臭も強い状態でしたが、
超音波スケーラーで歯石を除去して綺麗にした結果、口臭もおさまりました。
ですがこれで終わりではありません。大事なのはこれからです。
歯磨きなどを継続して綺麗な状態を維持しましょう。

歯科処置をご希望の飼い主様へ

歯科処置の際には全身麻酔が必要となります。
これは人と違ってワンちゃんやネコちゃんはじっとしててくれないので、
局所麻酔では対応できないからです。

歯科処置では高齢の動物になるほど、処置に時間がかかるケースが多く
安全に全身麻酔がかけられるかは注意深く評価する必要があります。
そのため麻酔前検査として身体検査だけでなく、血液検査や
レントゲンなど、安全を確認するための検査が必要になります。

歯科処置へ踏み切れない原因の大半が、全身麻酔への恐怖感なのだと思います。
きちんと評価ができれば全身麻酔は怖いものではありません。
ずっと口が痛くて生活の質が低下したり、歯周病が原因で体調を崩してしまうことの方が心配です。
処置をする・しないを決めてあげられるのは飼い主さんだけです。
『高齢だから・・』『麻酔が怖いから・・』の前に、当院にご相談していただくと
もしかしたらその不安を解消できるかも知れません。